自分にとってベストなサイズ

サイズ表記があっても、着てみると微妙に違うもの。素材の性質にもよりますが、ブランドやメーカーによる違いが大きいのです。リピートしているブランドなら、自分のサイズ感はなんとなく分かるでしょう。しかし初めて買うお店では、S・M・L等の表記を鵜呑みにしてしまうと「Mにしたらキツくなっちゃった」「Lにしたけど完全にオーバーサイズ」なんていう事態が発生してしまいます。

普段Mサイズという人でも、「このトップスならSがいい」「このパンツはLの方が楽」など、服の種類やデザインによってもベストなサイズは変わってきます。オーバーサイズで着たい服ならワンサイズ上を買ってもいいですし、身体のラインを出すようにしたい場合はワンサイズ小さいものを買うのも一つの方法です。

試着してみないと分からない!?

自分に一番良いサイズを決めるには、試着するのが一番確実です。オンラインショップなどでは試着できない場合もありますが、対面のショップでは可能な限り試着するようにしてみましょう。自分の後悔を減らすことにも、後に服のサイズを検討する材料にも繋がります。もしもいつものサイズを試着した時に少し小さいと感じたらワンサイズ上のものを試着して、どちらが良いか考えてみてくださいね。

また、対面のショップで試着できないときは、身体にあてて鏡で全体像を確認してみましょう。色合いなどはもちろん、丈感なども客観的に判断することができます。また、長袖のトップスなどは腕に合わせてみるのも重要です。袖の長さが少し足りない、逆に長すぎるなど、予想外のハプニングが起こることもあるからです。